Chanmanの日記

作家と読書とセルフコーチングのブログ。 私の作品は「小説家になろう」「カクヨム」にも掲載しております。

猟銃の講習申し込み!

警察署に行って、猟銃の申し込み完了!

 

6800円は結構大きな出費。

 

だがWant toに従って行動する、これこそ幸せに生きるステップなのだよ!「

 

いや〜最近は充実してるぜ!

ついについに!

やっと狩猟免許の申請ができる!

 

県庁一号館二階にて申請書を受け取り、早速記入。

 

今回は第1種狩猟免許とわな猟の二種類。

 

免許一つにつき5200円、つまり10200円なり。

 

ついに念願の猟師デビュー、その入り口に立てたわけだ!

 

コーチングに従い、Want toに従ってここまで来てる。

 

俺ってすごい。何をしてても自分を褒める。俺ってすごい。

 

さあ、猟師になるぜ!

 

 

本を買うこと

日本へ帰国。

 

すぐさま大量の本を買った。

 

目的があって読む。世界を知り、経済を知り、自分の無知を知る。

 

そして、小説を書くため。

 

本来の目的はそこだろう。誰も買わないようなせって資料を運よく、中古の本屋で見つけた。

 

最高。もうそれだけで興奮しちゃう。

 

あとは読み漁って知識を深め思考し、文字に落とす。

 

久しぶり筆をとり、投稿した。

 

なろうと、カクヨムに投稿してる。

 

見てくれたら嬉しいかな。

Bang !

アメリカ行ったら、やっておかないとね!

 

っていうことで、ピストル撃っちゃいました!

 

グロックっていうピストルで、ちょっと小さなタイプだけど撃っちゃいました!

 

自分の中で臨場感を高めるために、撃ちましたが、中々の反動……

 

リコイルのショックが大きくて、まとは全然当たらない……

 

原因はなんとリコイルの反動があるから無意識的に下の方へと銃口を向けてしまうのだとか

 

最初はしっかりマトに当ててたけど、全部下の方へ……

 

残念!

 

まあ、楽しかったからいいけど!

Want toって……

とある、アリゾナの山中をピックアップトラックでドライブ。

 

高山病の頭痛に悩まされつつもハイキング。

 

壮大な景色に感動はしていたけど、どんな景色よりも感動したことが一つあった。

 

それは一匹の野生の鹿に出会えたこと。

 

出会った時にあげた声はとても大きかった。

 

今日一番大きかった。

 

やっぱり、僕は動物が好きなんだな……

 

というよりも狩猟が好き。ハンティングが好き。やったことないけど……。鹿ってハンティングの対象である。

 

アメリカの狩猟は見てるだけで興奮する。日本はなんで弓矢によるハンティングが禁止なのか……すごく羨ましい。

 

話を戻しつつ、Want toで働くことっていうのを難しく考えてる人って多い。

 

好きなこと、やりたいことを見つけるっていうのは大切。だけど、話を突き詰めると、社会に何かしらの価値を提供せずに生きていくことは不可能なのだ。

 

人間は誰かに価値を提供することに特化した進化をしてきた。

 

故に、自分勝手に生きるということは基本的に不可能。

 

だから、天職とかそういうこと考えている人は、基本的に不幸。

 

これで誰かを喜ばせる、と決めることが天職である。

 

空から美少女が降ってこないことと一緒。

 

誰かを幸せにするという能動的態度が、結果的に自分が幸せになるのだ。

 

ということを今日感じたので書いておく。

内部表現の変化

今日は久々のコーチングの話題。

 

内部表現がまた一つ変化したので、記録という意味で書いておこうと思う。

 

アメリカに滞在しているんだけど、ちょっと体験で柔術のクラスに参加している。

 

武術っていうのは内部表現の書き換えの変化が顕著に現れやすい。

 

そしてそれを今日体験した。

 

正直言って柔術のクラス嫌だった。友人の付き合いで行ってたといのもあったので・・・

 

柔術やる日になると嫌だな〜と思いつつも行っていた。でも終わってみれば解放感が気持ちよかった。そう、解放されたから。

 

でも、明後日には・・・みたいなことを繰り返してた。

 

全然Want to じゃねえ・・・

 

ま、ある日を境に上手くなり始めた。初めてかれこれ一ヶ月。

慣れもあるだろうけど、動きが良くなってきた。

 

それからは自分の中のセルフトークが変化してきた。

 

クラスの前にランニングがあるんだけど、その最中

 

「俺ってすげぇ〜」

「嫌なことだけど、やってる俺すげぇ〜」

柔術やってる俺偉いわ〜」

 

ってなことをセルフトークすると、クラスの間、全然取り組み方が変わった。

 

苦しくても

 

「いや、俺まだまだいけるし」

「俺強くなってる」

「これ絶対小説のネタになる!」

などなど

 

これ書いててタイガーウッズのセルフトークを思い出しわ。

 

スポーツっていうのはコーチングの結果がもろに出やすいのね。

それも実感できた。

 

あと、ベルトの色がハイクラスになった人が二人いた。

クラスの伝統で、みんなに投げられるらしいんだけど、みんなは柔術の投げ方が多い。

 

そんな中、唯一の柔道経験者の僕は、見事な背負い投げをして、みんなから大きな称賛の声をもらった!

 

つい謙虚になりがちだけど、この時は見事な背負い投げをした自分を褒めまくった!遠慮せず自分はすごいと心の中で叫びまくっていた。

 

帰りの車の中で、今日の出来事の余韻に浸りつつ、ひたすら自分を褒め称えていた。

 

この時気づいたのが、内部表現の変化だった。

 

この気持ち良さはなんだろうか?

 

嬉しい。楽しい。誇らしい。清々しい。気持ちいい。

 

十二分にこの気持ちを味わっていくことが、自分を変える大きな感情となる。

 

最高の気分を味わう。未来の自分を思い描く良い感情を手に入れた!

 

みんなも自分を褒めまくろう!

 

 

ちょっと遊んでます。

さてさて、現在アメリカ滞在中。

 

小説のため、自分の価値観を広げるため、人生に深みを出すため、etc……

 

一番は小説のためなんだけど……

 

つい先日、グランドキャニオンに行きましたが、あの圧倒的なスケールは自分の価値観を変え、もっといろんな国に行きたいなと思わされます。

 

アリゾナ州のウイリアムズという街には、列車でグランドキャニオンに行く素晴らしいプランがある。

 

少々お値段高めだが、かなりおすすめ。

 

さて、小説ですが。

 

今書いているものの他にもどんどんアイデアが出てきた。

 

もちろん今書いているものもお話を膨らませるために試行錯誤して出てきたのが、武器!

 

話の幅が一気に広がりまくりんぐ!

 

なんせ、中二病ですから。武器は大切ですよね!