読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chanmanの日記

作家と読書とセルフコーチングのブログ。 私の作品は「小説家になろう」「カクヨム」にも掲載しております。

内部表現の変化

今日は久々のコーチングの話題。

 

内部表現がまた一つ変化したので、記録という意味で書いておこうと思う。

 

アメリカに滞在しているんだけど、ちょっと体験で柔術のクラスに参加している。

 

武術っていうのは内部表現の書き換えの変化が顕著に現れやすい。

 

そしてそれを今日体験した。

 

正直言って柔術のクラス嫌だった。友人の付き合いで行ってたといのもあったので・・・

 

柔術やる日になると嫌だな〜と思いつつも行っていた。でも終わってみれば解放感が気持ちよかった。そう、解放されたから。

 

でも、明後日には・・・みたいなことを繰り返してた。

 

全然Want to じゃねえ・・・

 

ま、ある日を境に上手くなり始めた。初めてかれこれ一ヶ月。

慣れもあるだろうけど、動きが良くなってきた。

 

それからは自分の中のセルフトークが変化してきた。

 

クラスの前にランニングがあるんだけど、その最中

 

「俺ってすげぇ〜」

「嫌なことだけど、やってる俺すげぇ〜」

柔術やってる俺偉いわ〜」

 

ってなことをセルフトークすると、クラスの間、全然取り組み方が変わった。

 

苦しくても

 

「いや、俺まだまだいけるし」

「俺強くなってる」

「これ絶対小説のネタになる!」

などなど

 

これ書いててタイガーウッズのセルフトークを思い出しわ。

 

スポーツっていうのはコーチングの結果がもろに出やすいのね。

それも実感できた。

 

あと、ベルトの色がハイクラスになった人が二人いた。

クラスの伝統で、みんなに投げられるらしいんだけど、みんなは柔術の投げ方が多い。

 

そんな中、唯一の柔道経験者の僕は、見事な背負い投げをして、みんなから大きな称賛の声をもらった!

 

つい謙虚になりがちだけど、この時は見事な背負い投げをした自分を褒めまくった!遠慮せず自分はすごいと心の中で叫びまくっていた。

 

帰りの車の中で、今日の出来事の余韻に浸りつつ、ひたすら自分を褒め称えていた。

 

この時気づいたのが、内部表現の変化だった。

 

この気持ち良さはなんだろうか?

 

嬉しい。楽しい。誇らしい。清々しい。気持ちいい。

 

十二分にこの気持ちを味わっていくことが、自分を変える大きな感情となる。

 

最高の気分を味わう。未来の自分を思い描く良い感情を手に入れた!

 

みんなも自分を褒めまくろう!